リハビリ医師求人ランキング

リハビリ医師求人TOP >> リハビリ医師の求人探しのFAQ >> リハビリ医師の仕事内容は?

リハビリ医師の仕事内容は?

リハビリテーション科とは、病気や怪我など、何らかの原因で体の運動機能が低下した患者さんに対して、日常生活や社会生活が不便なくおくれるようにその機能回復を行うための診療科です。リハビリ医の役割は、ひとりひとりの患者さんの病状や身体の機能の状態を把握し、その機能を回復するためにどのようなリハビリテーションを行うのかを決めていくことになります。

実際のリハビリを行うのは、理学療法士であって、リハビリ医は直接患者さんのリハビリを行うわけではありません。理学療法士の指導を受け、そのサポートの元にリハビリを行うことから、一般の人の中にはリハビリの先生は理学療法士さん、という認識を持つ人が少なくありませんが、理学療法士はあくまで医師の指示のもと、医師のたてた計画に基づいてリハビリを行っているにすぎません。そのため、医師と理学療法士は絶えず情報を共有し、リハビリの結果がどのようになっているか、患者さんの状態はどうかなどを把握して計画の修正を行い、より効果的なリハビリができるようにしているのです。

リハビリ医の仕事は、患者さんが急性期での治療を終えてリハビリ科に引き渡されたときがスタートではありません。治療と並行してその結果による運動機能の状態と必要なリハビリの予測を行い、少しでも早い段階からリハビリがスタートできるようにするのもリハビリ医の重要な役割です。早い段階からスタートすることで、より高いリハビリ効果が得られるということは、今や誰もが認めることですから、最終的な機能回復の状態をよりよくするために、早期診断や予測は欠かせないのです。

さらに、リハビリを行いながら退院後にどの程度の介護が必要なのかを判断し、家族と話し合ったり、必要なサポートについての説明を行ったりします。必要に応じて、装具を作成したり、検査を行いながら、患者さん退院後に少しでも動きやすいように考えていくこともリハビリ医の仕事です。リハビリの効果によっては、患者さんがより早く退院して自宅に戻れることもありますし、諦めていた運動機能を取り戻せることもあります。それがどの程度まで効果を発揮するかを見極めながら、退院時期と合せて判断するのです。リハビリ中とはいえ、合併症を起こしたり、容体が急変する患者さんも少なくありませんから、患者さんの病状についてきちんと把握しておくことも大切です。このように、リハビリ医の仕事内容は多岐に渡りますが、やりがいを感じやすい仕事であるのも確かでしょう。

リハビリ医師になるなら下記のサイトで探すのが王道!

  サービス名 利用料金 リハビリ医求人 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 多い 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • リハビリ医求人
  • 多い
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア



>>ランキングの2位以降はココ!リクルートに次ぐサイトは?



Copyright (C) 2013-2017 リハビリ医師求人ランキング All Rights Reserved.