リハビリ医師求人ランキング

リハビリ医師求人TOP >> リハビリ医師の求人探しのFAQ >> リハビリ医師は不足している?

リハビリ医師は不足している?

医師不足が叫ばれている日本の医学会の中でも、リハビリ科は特に医師の不足が深刻な診療科です。実際、数年前の調査によると、医師が不足しているとされる診療科として、名前の挙がりやすい小児科や産婦人科を押さえて、リハビリ科がトップに立ちました。それくらい現在リハビリ化医師が不足しているのです。

リハビリ医師が不足している背景には、治療にあたって専属のリハビリテーション医を置かなければならないとして法制度の改革などがあります。いわゆる回復期リハビリテーション病棟として能力障害を持つ患者さんに集中的なリハビリを行うには、専属のリハビリ医が必要なのです。昔は脳外科医や整形外科医が治療後そのままリハビリまでケアしていたのが、専属のリハビリ医を置くことが求められるようになったということもあります。とはいっても、もともとリハビリを専門に行う医師の絶対数が少ないため、このような制度になってもそれぞれの病院が十分なリハビリ医を確保できるわけではなく、圧倒的なリハビリ医不足が続いているのです。

さらに、不足しているにも関わらず、新しいリハビリ医の育成が十分にできていない環境にも問題があります。リハビリ医は、すでに治療が終わった人の回復のサポートという認識が強いため、あまり難しくないように思われがちですが、実際には脳や神経といった複雑な人体の機能をしっかり把握し、患者さんの現状と回復のために必要なリハビリを選択しなければならない難しい仕事です。リハビリ医の知識や手腕によって、患者さんの回復度は全く違ってきますし、患者さんの入院期間を少しでも短くしたり、退院後の家族の負担を少なくすることによって医療費の削減にもつながる重要な仕事なのです。にもかかわらず、現在はリハビリ医になるための研修などが少ないためリハビリ医になることは簡単ではありませんし、医学生などに対するリハビリの重要性の啓蒙が遅れていることもあって、希望者も多くはないのが現状です。

神経系の疾患だけでなく、怪我などによる機能障害の回復、寝たきりのお年寄りのリハビリテーションなど、リハビリ医の扱う分野は幅広く、今後はさらに需要が高まることが予想されるため、リハビリ医不足の現状を回復するのは困難が予想されます。リハビリ医不足を解消するためにも、リハビリ医育成の機関や研修を早急に増やし、医師や医学生に対するリハビリ医の重要性を広めることが重要でしょう。

リハビリ医師になるなら下記のサイトで探すのが王道!

  サービス名 利用料金 リハビリ医求人 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 多い 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • リハビリ医求人
  • 多い
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア



>>ランキングの2位以降はココ!リクルートに次ぐサイトは?



Copyright (C) 2013-2017 リハビリ医師求人ランキング All Rights Reserved.