リハビリ医師求人ランキング

リハビリ医師求人TOP >> リハビリ医師の求人探しのFAQ >> リハビリ医師の履歴書の書き方は?

リハビリ医師の履歴書の書き方は?

専門性の高いリハビリ医師も、転職をする際には履歴書を書きます。医師免許を取得してからずっと同じ医局に属していて、リハビリ医師という専門医になって初めて転職を考えたという人も少なくないはず。履歴書はどのように書いたら良いのか迷ってしまいますよね。

履歴書は、書店などで販売されている一般的な書式のものがおすすめです。最近ではネットなどで独自のテンプレートで記載できる履歴書などもありますが、テンプレートはできるだけオーソドックスなものが良いでしょう。履歴書は自分自身の個人情報を簡潔に記載するものであって、これまでの実績や職歴などを細かく記載するものではありません。ですから、ダラダラと長く書くよりも、簡潔で端的に記載したほうが好感を持たれます。

リハビリ医師の履歴書は、パソコンで入力してプリントアウトすることもできますし、プリントアウトしてから自筆で記入する方法もあります。どちらでも問題ありませんが、自筆のほうが人間らしさが伝わるので、好感度はアップするのではないでしょうか。ボールペンよりもペンが良く、色はブルーよりも黒がおすすめです。

リハビリ医師は医師ですから、履歴書の写真は白衣姿が良いでしょう。白衣での写真撮影に抵抗がある場合には、就職活動の時に着用するような地味なスーツがおすすめです。メガネなどは着用したままでも構いませんし、難しい顔をしている写真よりも、自然な笑顔になっている写真のほうが好感度がアップします。自然な笑顔ならOKですが、歯を見せてカジュアルすぎるスマイルはNGです。履歴書の写真は、スピード写真でもよいのですが、できれば写真館で撮影したもののほうが落ち着いた印象に仕上がります。大切な転職のための履歴書ですから、細部にもこだわりたいですね。

リハビリ医師という専門性が高い医師の転職では、履歴書よりも職務経歴書のほうが圧倒的に重要視されます。職務経歴書の書き方は、リクルートドクターズキャリアなどの大手の転職サイトなら、自分自身で作成した職務経歴書に対しても適切なアドバイスをしてくれますが、最初からできるだけ完成度が高いものを作例したいですよね。

職務経歴書は、これまでの実績や経歴などを箇条書きにするのではなく、そのステージで習得したり培ったりしたスキルや知識なども簡単に記載したり、症例数なども記載できると理想的です。面接では、そうした症例に関する具体的なエピソードを披露できれば、面接はクリアできたと言っても過言ではありません。

リハビリ医師になるなら下記のサイトで探すのが王道!

  サービス名 利用料金 リハビリ医求人 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 多い 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • リハビリ医求人
  • 多い
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア



>>ランキングの2位以降はココ!リクルートに次ぐサイトは?



Copyright (C) 2013-2017 リハビリ医師求人ランキング All Rights Reserved.