リハビリ医師求人ランキング

リハビリ医師求人TOP >> リハビリ医師の求人探しのFAQ >> リハビリ医師で活きる資格は?

リハビリ医師で活きる資格は?

リハビリが必要な患者さんの数は、毎年急増しています。特に、高齢化社会が急ピッチで進んでいる昨今では、日本全国に必要なリハビリ医師の数は最低でも4000人と言われていますが、実際にはその半数にも満たない1400人程度。リハビリ医師がかなり不足しています。

リハビリ医師になるためには、医師という国家資格だけでは十分ではありません。リハビリが必要な医療現場において、実際にリハビリ医療の経験も必要ですし、論文も作成したことがなければいけないなど、リハビリ医師の専門医認定試験を受験するための条件がいくつかあります。内科や外科、整形外科など、患者さんのリハビリ医療に携わる診療科はたくさんありますから、リハビリ専門医の資格を取得するために必要な条件を満たすことは、それほど困難ではないかもしれませんね。

現在の職場がリハビリとはあまり関係ない診療科の場合には、そこからいきなりリハビリ医師を目指すのは難しいかもしれません。リハビリが必要になる診療科は、神経外科や外科、内科、整形外科など、たくさんの診療科があります。それぞれの診療科によって、どのような種類のリハビリが必要になるかは異なりますが、こうした診療科を経験して、疾病の知識や技術を学んでおくことは、リハビリ医師になるためにはとても大切で役に立つ経験と言えるでしょう。

また、リハビリ医師として転職するリハビリ科の種類によっては、体力にも自信があったほうが良いかもしれません。そういう資格が必要というわけではありませんが、体力に自信がないよりも自信があったほうが、リハビリ医師として幅広く患者さんに接することができるのではないでしょうか。

リハビリ医師という専門医としての資格を取得したら、リハビリ科の医師という枠を大きく超えて、全国各地、いろいろな場所で資格を生かして活動することができます。医療機関だけでなく福祉施設でもリハビリ医師のニーズは高くなっているので、今後はリハビリ医師の求人募集もどんどん増えていくことが予想できますね。

また、地域レベルでリハビリを促進して活性化させるために、市町村レベルでリハビリの専門的な知識やノウハウを地域の医療現場や福祉現場で働く看護師や介護士などに教育することも可能です。リハビリ医師の数が圧倒的に不足している昨今では、医師がいないからと言ってリハビリをしないというわけにもいきません。正しい知識でリハビリ医療をモニタリングすることも、リハビリ医師の資格が生かせる大切な職務と言えるのではないでしょうか。

リハビリ医師になるなら下記のサイトで探すのが王道!

  サービス名 利用料金 リハビリ医求人 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 多い 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • リハビリ医求人
  • 多い
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア



>>ランキングの2位以降はココ!リクルートに次ぐサイトは?



Copyright (C) 2013-2017 リハビリ医師求人ランキング All Rights Reserved.