リハビリ医師求人ランキング

リハビリ医師求人TOP >> リハビリ医師の求人探しのFAQ >> リハビリ医師で開業するには?

リハビリ医師の残業は?

誰でも残業の無い仕事がしたいと思いますが、病院や施設で働く医師や看護師は、残業は当たり前のように発生します。病人は計画通りに来てくれるわけではないので、急に人が入ってきて忙しくなったり、患者の検査や処置を予定していた時間にリハビリできなかったりして、臨機応変な対応が必要になります。そのため18時に仕事が終わるはずが18時ジャストには終わらずに、居残りの残業をしなければならないことが多くなります。残業の形態は病院ごとに違うので、業務時間が終了してからすぐに帰れる職場もあります。

リハビリ医師の仕事は通常の医師とは少し異なり、患者の健康の回復を助けるために作業療法士や理学療法士、言語聴覚士と一緒にチームを組んで医療に取り組んでいくので、チームの中での各人の仕事が重視されていきます。

リハビリを受ける患者の中には、脳卒中を起こした人や、骨折した人、外傷によって脳や脊髄を損傷した患者が日常生活を送ることが出来るように助けます。

リハビリ医師には夜勤も残業もありますが、普通の病棟で働く医師や看護師のように急患が運ばれてくることもないので、計画的に入院する患者が多いため突発的に残業が発生することはまずありません。この点はリハビリ医師にとってメリットになるので、家事と子育てを両立している医師にとっては重宝され、子供のいない人でもプライベートの時間を増やすことができるため人気があります。

リハビリ医師の夜勤では、患者の様態が急変したり、自力でトイレに行くことが不安な患者からのナースコールなどに対応しなければなりません。他の科の医師と比べると、命に関わる緊急性はさほどありませんが、ナースコールで呼び出される回数が多いのがネックです。リハビリをしていても目に見える成果が出ない患者もいるので、回復の見込みがなかなか見えない患者のリハビリは精神的にも辛く、忍耐強く見守る必要があります。

リハビリテーションは、それぞれの病院によって忙しさが違うので、残業の量が多く仕事をこなしきれないと感じる人もいるようです。本来であれば、朝8:30から16:30の拘束時間のはずが、7:30から22:30ということもあるそうです。場合によっては、患者の自宅に出向いて行って実際的な生活指導を行うこともあるので、資料の作成をするために日付をまたいで作業をしなければいけないこともあります。資料の作成だけではなく、翌日は早く起きてリハビリの準備をしたり、自分でリハビリの計画を立てると時間が足りなくなることもあります。

リハビリ医師になるなら下記のサイトで探すのが王道!

  サービス名 利用料金 リハビリ医求人 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 多い 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • リハビリ医求人
  • 多い
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア



>>ランキングの2位以降はココ!リクルートに次ぐサイトは?



Copyright (C) 2013-2017 リハビリ医師求人ランキング All Rights Reserved.