リハビリ医師求人ランキング

リハビリ医師求人TOP >> リハビリ医師の求人探しのFAQ >> リハビリ医師になるには?

リハビリ医師になるには?

現代の日本ではリハビリテーションの専門病院が増えているので、リハビリ医師も必要とされています。リハビリ医師になりたいと思っている人は、リハビリ医師の仕事をよく知っておく必要があります。また、リハビリ医師の人数や質によって病院の仕事内容も変わってくるので、その病院のやり方に慣れる必要があります。

リハビリテーション医療と聞くと、患者が手術をした後のリハビリを助けている人というイメージがありますが、患者のリハビリの訓練の内容を計画したり、訓練以外のことも計画しています。例えば、薬物による治療や様々な検査をしたり、栄養を管理したりするので、リハビリ医師になるにはかなりの知識と経験がなければいけません。

リハビリ医師になる人は、内科の全般的な知識が必要になり、リハビリ医師は整形外科とは違います。患者の胃や肝臓などの機能が低下しているため薬による治療では改善出来ない時には、手術が必要になるので、リハビリ医師が手術の適応を判断して、外科や整形外科の医師に連絡して連携した作業を行う必要があります。

そのため、リハビリ医師は内科に加えて外科や小児科、精神科、整形外科などの知識も必要になるので、すでに医師として勤務している人が資格を受験できます。リハビリ医師の仕事は高齢者と関わることが多いため、高齢の患者の糖尿病や高血圧症、心疾患の薬物治療などをきちんと行えることが求められます。さらに、患者の様態が変化する時など緊急事態にも対応できる人でなければなりません。

リハビリ医師になるには、他の科の医師との連携が必要になるので、チームワークが必要になります。リハビリのプログラムはリハビリテーション病棟の入院患者を担当しますが、担当するのは理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といった医療の専門職の人なので、共に働いていけるコミュニケーション能力は欠かせません。全てのスタッフが気持ちよく働けるように、チームを円滑に指導したり、連携を図っていく必要があります。

リハビリ医師になるには、リハビリテーション科専門医認定試験に合格しなくてはなりません。誰でも受験できるわけでなはなく、受験資格が限られています。一つの条件に、医師免許を取得してから5年以上の勤務経験がある人、また本医学会に加入してから3年が過ぎている人であるべきです。さらに、日本リハビリテーション医学会専門医制度卒後研修カリキュラムに基づいて、認定した研修施設において3年以上の研修を行った人でなければなりません。

リハビリ医師になるなら下記のサイトで探すのが王道!

  サービス名 利用料金 リハビリ医求人 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 多い 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • リハビリ医求人
  • 多い
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア



>>ランキングの2位以降はココ!リクルートに次ぐサイトは?



Copyright (C) 2013-2017 リハビリ医師求人ランキング All Rights Reserved.