リハビリ医師求人ランキング

リハビリ医師求人TOP >> リハビリ医師の求人探しのFAQ >> リハビリ医師の将来性は?

リハビリ医師の将来性は?

厚生労働省が行った調査によると、必要とされる医師の数と比較して最も医師が不足している診療科が、リハビリテーション科だということでした。つまり、現状でもリハビリ科の医師はそれだけニーズが高いということです。求人も多く出ていますし、実際には求人を出してもなかなか人員が集まらない状態が続いています。

では将来性という点ではどうでしょう。リハビリ医を必要とする症状は幅広いのですが、大きく分けるとその運動機能低下の原因は、脳や神経の損傷を原因とするもの、事故などの怪我によるもの、高齢化による体の衰えや高齢時の病気治療の際の体力低下によるものなどがあります。このうち、怪我によるものは今後それほど大きく変化することは予想されませんが、その他の二つは今後さらに増えることが予想されています。運動機能を伴うような脳や神経の疾患としては、脳梗塞などによる神経への影響が挙げられますが、これは生活習慣病とも大きく関わる疾患です。つまり、近代から現代にかけての生活習慣の変化によって、増えた疾患であるともいえます。こうした病気は今後も増えることが予想されており、リハビリを昼用とする患者さんも増加すると言われているのです。

また、高齢化によってお年寄りが増えると、お年寄りのリハビリも増えてきます。高齢化の進行が知られている現在、お年寄りのリハビリが増えるのは誰にでも納得でるのではないでしょうか。しかも、リハビリ技術の向上によって、以前は歩けなかったような状態のお年寄りが歩けるようになることもあります。リハビリは今でも進化を続けている医学なのです。

さらに、法制度の改変によって、リハビリテーション病棟にはリハビリを専属で行う医師を設置することも義務付けられるようになりました。病院にとってもリハビリを効果的に行って、患者さんに少しでも早く元気になってもらうことで、ベッドが空きますから、より多くの患者さんを受け入れることができます。その点でも、リハビリ科とリハビリ医の重要性が認識されるようになってきたのです。

以前は、リハビリ医なんて将来がないと言われたこともありましたが、現在では将来を考えてリハビリテーション科を選ぶ医師も増えてきています。それでもまだまだリハビリ医は不足している状況ですから、需要と供給のバランスを考えてもリハビリ医は将来性は十分だと言ってよいのではないでしょうか。この状態は今後しばらく続くことが予想されているため、今からリハビリ医を目指しても十分に間にあうでしょう。

リハビリ医師になるなら下記のサイトで探すのが王道!

  サービス名 利用料金 リハビリ医求人 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 多い 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • リハビリ医求人
  • 多い
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア



>>ランキングの2位以降はココ!リクルートに次ぐサイトは?



Copyright (C) 2013-2017 リハビリ医師求人ランキング All Rights Reserved.