リハビリ医師求人ランキング

リハビリ医師求人TOP >> リハビリ医師の求人探しのFAQ >> リハビリ医師の50代向けの求人は?

リハビリ医師の50代向けの求人は?

50代のリハビリ医師の求人もないわけではありません。とはいえ、50代ともなると、さすがに求人を見て応募するよりは、紹介会社を利用するケースが多くなってきます。それは、年齢的にあまり安易な転職は控えたいという人が増えるのと、50代にもなるとそれなりに経験が豊富になり、何ができるかというアピールが明確にしやすくなるためです。つまり、将来性ではなくこれまでの経験を活かして何が出できるのか、ということが50代の転職のポイントになります。

実際、50代になるとリハビリ医の経験がないとリハビリ医への転職は無理だろう、と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。実際、内科や外科といった診療科から転職してくる医師も多いのです。それは、リハビリ科が比較的残業なども少なく、働きやすい職場だということが関係しています。現在はどの診療科も慢性的に医師不足だということもあって、かなりの激務になっている診療科も多いです。残業が続いてそのまま夜勤に入り、また朝から働くなど、ブラックともいえる勤務状態の医師も少なくありません。リハビリ科の場合は、勤務先によっては夜勤はあっても急変は少ないため、体力的には転職して楽になったという人が大半でしょう。リハビリ科でも、怪我などによるリハビリを行っている場合は急変などはまずありませんが、脳疾患が原因である場合は急変を起こすこともありますから、常に脳外科医などと連携を取ながらリハビリを行うことが必要です。

いずれにしても、激務で知られる外科や小児科などにくらべると、落ち着いて仕事が出来るのは確かです。病院によってはほとんど残業もなく、夕食を家で摂ることもできます。実際、20代から40代にかけては忙しい急性期の職場でバリバリ働いていた医師が、50代に体力の限界を感じてリハビリ医に転向するというのは珍しいことではありません。病院としても、急性期の経験があればリハビリ医への転向も難しくありませんので、歓迎してもらえるでしょう。

ただし、50代になるとやはり転職先には自分より年下のスタッフが多くなりますから、人間関係において気を遣うことは多くなります。リハビリ医はコミュニケーションも大切ですから、患者さんはもちろんスタッフともうまく連携を取ながら仕事を進めていくことが大切でしょう。求人の情報だけでなかなかそこまで判断するのは難しいのですが、出来るだけ職場の雰囲気なども確認してから転職することをおすすめします。

リハビリ医師になるなら下記のサイトで探すのが王道!

  サービス名 利用料金 リハビリ医求人 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 多い 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • リハビリ医求人
  • 多い
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア



>>ランキングの2位以降はココ!リクルートに次ぐサイトは?



Copyright (C) 2013-2017 リハビリ医師求人ランキング All Rights Reserved.