リハビリ医師求人ランキング

リハビリ医師求人TOP >> 地域別のリハビリ医師の求人 >> 沖縄のリハビリ医師の求人

沖縄のリハビリ医師の求人

医師が集まる地域であれば、医師の転職もしやすいですが、地方では病院の数が限られているため、医師の求人を出していない地域もあります。例えば、沖縄県内には医学部を持つ大学が琉球大学しか無いので、沖縄県内の病院で働く医師は地元で育った人が大半を占めています。大きな病院の数が少ないので、沖縄県内で転職を希望するときには、知り合いのつてをたよって転職先を決めることが多くなります。

しかし、沖縄県外から引っ越してくる医師は、つてがないので自分で情報を集めるしかありません。沖縄県でも地方の中核病院や、患者の回復を助ける病院は医師を募集しているので、転職には困りません。給料を他の県と比較すると、若干低い傾向がありますが、地域の物価が低く生活費も安いので、給料が低くても生活を続けていくことはできます。

沖縄県の医療事情は、県内にたくさんの離島があるので離島の医療を支えることが課題になっています。県立病院が中心になって、離島の診療に力を入れていますが慢性的に医師が不足しているので、医師を募集している病院がたくさんあります。沖縄と聞くと長寿の土地という印象ですが、偏った食生活から健康状態が悪くなる人が多いので、リハビリ医師だけでなく、多くの医師が必要とされています。

沖縄県立中部病院では、患者が出来ない操作を運動学や生理学に分析して骨関節、筋肉や神経の問題を見つけて、リハビリのための計画を身体面や精神面から行っていきます。そのため、沖縄県立中部病院で働く医師には、寝ている人を起こしてから座らせたり、立たせてから、歩けるように助けることが求められます。さらに、腕や指の怪我をした手のリハビリをしたり、職業に関連した動作を助ける必要もあります。

沖縄県立中部病院では、毎週一回リハビリ医師と看護師、スタッフや連携する職員を集めて合同でミーティングが開かれます。リハビリをしている患者の訓練状況を報告して、現状を見極めてから今後の展開を考えたり、訓練を進めていきます。ミーティングの時には、すでにリハビリを行っている患者だけでなく、これから訓練を予定している患者に関してもプレゼンされて、必要な情報を共有します。そのため、リハビリ医師として働く人は、他人の意見を聞き入れて、尚且つ患者により適したリハビリの方法を見つける必要があります。リハビリ医師で転職を考える時には、他人と上手くやっていけるコミュニケーション能力が必要になります。

リハビリ医師になるなら下記のサイトで探すのが王道!

  サービス名 利用料金 リハビリ医求人 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 多い 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • リハビリ医求人
  • 多い
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア



>>ランキングの2位以降はココ!リクルートに次ぐサイトは?



Copyright (C) 2013-2017 リハビリ医師求人ランキング All Rights Reserved.